ハーブティー専門店 e-ティザーヌ
ハーブティー専門店「e-ティザーヌ」
  • MYページ
  • 会員登録
  • カゴの中を見る
HOME  会社概要     お買いものガイド   よくある質問  カゴの中   ポイントの説明         



シングルハーブ
ブレンドハーブ
ティーバック


エッセンシャルオイル
ブレンドオイル
キャリアオイル


ハーブの苗
ハーブの種
ルームガーデン


ジャパニーズインセンス
ナチュレンス
エスプリ ド ナチュール.



ハーブのクッキー
ハイジのお土産



ハーブティーギフト
アロマギフト

TOP > ガーデニング基礎知識(ハーブ栽培の基礎知識)

    No.5


園芸用語集
植物の性質について
A. 一年草(いちねんそう) B. 二年草(にねんそう) C. 多年草(たねんそう) D. 宿根草(しゅっこんそう)
E. 草本類(そうほんるい) F. 木本類(もくほんるい) 

肥料や土について
G. 置き肥(おきひ)  H. 元肥(もとごえ) I. 化成肥料(かせいひりょう) 
J. 有機質肥料(ゆうきしつひりょう) K. 苦土石灰(くどせっかい) L. 培養土(ばいようど)

育て方や作業などについて
M. ウォータースペース N. コンパニオンプランツ O. ナーセリー 
P. マルチング Q. ランナー R. 育苗(いくびょう)
S. 共栄植物(きょうえいしょくぶつ) T. 混植(こんしょく) U. 挿し芽(さしめ)
V. 挿し木(さしき) W. 自生(じせい) X. 走出枝(そうしゅつし) 
Y. 底面灌水(ていめんかんすい) Z. 摘芯(てきしん) AA. 徒長(とちょう)
AB. 軟化栽培(なんかさいばい) AC. 鉢上げ(はちあげ) AD. 半日陰(はんひかげ)
AE. 覆土(ふくど) AF. 不稔性 AG. 間引き(まびき)
AH. 実生(みしょう)




一年草(いちねんそう) 

種子から発芽して、一年以内に開花、結実し、株全体がかれて、種子だけを残す草本植物のことです。秋まき1年草(越年草)を含む場合もあります。

PAGE TOP へ

二年草(にねんそう)

種子から発芽して、一年以上2年以内に開花、結実し、枯死する草木のことです。越年草ともいい、秋まき1年草のことをいう場合もあります。

PAGE TOP へ

多年草(たねんそう)

何年にもわたって生育し続ける草木のことです。常緑のものと、冬に地上部が枯死するものがあります。

PAGE TOP へ

宿根草(しゅっこんそう)

冬には地上部が枯れるが、根は地下で生き残り、次のシーズンになると芽が出てくるものです。

PAGE TOP へ

草本類(そうほんるい)

木質化しない柔らかな茎をもつ植物のことです。

PAGE TOP へ

木本類(もくほんるい)

草本類に対して、木である植物の仲間のことです。地上の茎が長年にわたって行き続けるもので、維管束の木質部が発達した堅い茎をもっています。

PAGE TOP へ

置き肥(おきひ)

固形有機質肥料や、粒状の化成肥料を、土の表面に置く方法です。水やりのたびに、肥料分が溶け出して、徐々に効果が現れます。成長期である春と秋、花が咲いた後や収穫後などに施します。

PAGE TOP へ

元肥(もとごえ)

種子をまいたり、株を植えつけたりする土壌に、あらかじめまぜておく肥料のことです。多年草や木本類の休眠木に施す肥料のこともいいます。

PAGE TOP へ

化成肥料(かせいひりょう)

土壌に必要な養分を、科学的に合成して作られた肥料のことです。

PAGE TOP へ

有機質肥料(ゆうきしつひりょう)

天然の有機物質を原料とした肥料のことです。魚かす、油かす、骨粉、牛糞などがあります。

PAGE TOP へ

苦土石灰(くどせっかい)

石灰質肥料のひとつです。土壌の酸度を中和する目的で使われます。

PAGE TOP へ

培養土(ばいようど)

栽培に都合がよいように、通常数種類の素材を調合した土のことです。配合土、用土ともいいます。

PAGE TOP へ

ウォータースペース

鉢やコンテナに水やりのときに水がこぼれないスペースのことで、鉢の縁いっぱいまで土を入れずに、縁から下2~3cmぐらいのスペースをとっておく事をいいます。スペースを作ることにより土の流出を防ぎます。

PAGE TOP へ

コンパニオンプランツ

共栄植物

PAGE TOP へ

ナーセリー 

育苗場のことです。苗を専門に育てる場所をいいます。

PAGE TOP へ

マルチング

寒さや暑さ、乾燥から守るために、株元にピートモスやバークチップなどで覆うことです。

PAGE TOP へ

ランナー

走出枝(そうしゅつし)

PAGE TOP へ

育苗(いくびょう)

苗を作るための管理全体のことです。

PAGE TOP へ

共栄植物(きょうえいしょくぶつ)

種類の異なる植物が隣り合って育つときに、お互いによい影響を及ぼしあって共存できる相性のよい植物どうしのことです。

PAGE TOP へ

混植(こんしょく)

複数の種類の植物をとりまぜて植えつけることです。

PAGE TOP へ

挿し芽(さしめ)

その年に新しく伸びた茎の先端部分を切り取り、用土に挿して発根、発芽させることです。

PAGE TOP へ

挿し木(さしき)

植物を増やす方法のひとつ。葉、茎、根など親株の一部を切りはなし、生育しやすいように整えた用土の挿し床に挿して、発根、発芽させることです。

PAGE TOP へ

自生(じせい)

人為的な栽培管理の手が加えられることなく、自然状態で植物が生育し繁殖していることをいいます。

PAGE TOP へ

走出枝(そうしゅつし)

地面を這うように伸びる茎のことです。節や先端に子株をつけます。

PAGE TOP へ

底面灌水(ていめんかんすい)

タネまきした後や、水切れしやすい植物で長期間留守にする場合に用いる水やりの方法です。水を入れた鉢皿に鉢を浸して、底から水を吸わせます。

PAGE TOP へ

摘芯(てきしん)

茎の先端部を剪定することです。脇から新しい芽が出るようにする方法で、より収穫を多くしたり、姿を整える目的で行います。

PAGE TOP へ

AA 徒長(とちょう)

日光が不足したり、水や肥料のやりすぎなどの原因で、間伸びして成長していまうことです。

PAGE TOP へ

AB 軟化栽培(なんかさいばい)

日光や風を遮り、茎や葉を白く、柔らかく育てる栽培方法です。ハーブではチコリがこの方法で育てられ、料理に利用されます。

PAGE TOP へ

AC 鉢上げ(はちあげ)

成長してきた苗を鉢に移植することです。また、庭などで成長している植物を冬の防寒のために鉢に移植して温室や室内に移動するときの移植のことをいいます。

PAGE TOP へ

AD 半日陰(はんひかげ)

木もれ日があたる程度の日当たり場所のことです。建物の東側のように、午前中のみ日が当たる場所のこともいいます。

PAGE TOP へ

AE 覆土(ふくど) 

まいた種の上に、土をかぶせることです。

PAGE TOP へ

AF 不稔性 

植物が種子を生じない現象のことをいいます。

PAGE TOP へ

AG 間引き(まびき)

発芽した苗を、適当な間隔をおいて抜き取ることです。双葉がそろってきたら、葉と葉が触れ合わないように抜き取ります。抜き取る苗は、形が悪いものや茎が細いものなどを中心に行います。

PAGE TOP へ

AH 実生(みしょう) 

種子から発芽させた固体のことです。

PAGE TOP へ